小牧ワイナリー

施設概要・事業内容

施設概要

団体名
社会福祉法人AJU自立の家 小牧ワイナリー
住所
郵便番号:485-0806
愛知県小牧市大字野口字大洞2325番2
ショップ・カフェ
定休日/月曜日、第2第4火曜日
営業時間 10:00から17:00(カフェラストオーダー15:30)
お問い合わせ先/電話番号:0568-79-3001 ファックス番号:0568-79-3002
電子メールアドレス:komakiwinery@aju-cil.com

ワイナリーの建物と畑の写真
ワイナリーの建物と畑

小牧ワイナリー フロアマップ

沿革

1990年4月 社会福祉法人AJU自立の家開設
2003年10月 ピア名古屋ワイン事業部開設(前身のワイン事業のはじまり)
岐阜県多治見市にある多治見修道院の葡萄畑栽培を開始
2015年5月 小牧ワイナリー開設
2015年7月 小牧ワイナリー醸造免許取得
2016年4月 小牧ワイナリー醸造ワイン販売開始

事業内容

「ななつぼし葡萄酒工房」(就労継続支援B型) 定員34名

ななつぼし葡萄酒工房では、ぶどうの栽培、ワインの醸造と販売、ショップ・カフェの接客、ワインの発送作業、などの仕事で障害のある仲間たちが活躍しています。

ワイナリーで生き生きと働き、みなさまに喜ばれるワインができるように、畑での作業を中心に、その他様々な種類の仕事に取り組んでいます。

「ピア小牧」(生活介護) 定員6名

ピア小牧は、様々な理由で、継続して働くことが難しい方のための、日中活動の場です。

作業内容

畑での農作業 ぶどう栽培に係る農作業全般
カフェ・ショップでの仕事 カフェ・ショップでのワイン販売、接客、調理補助など
ワインの梱包や発送の仕事 ワインのラベル貼り、梱包、梱包資材づくり、DM発送など
ワイン醸造にかかわる仕事 瓶詰め コルク打栓など

畑作業の写真
畑作業の様子
カフェの仕事の写真
カフェの仕事の様子
醸造作業の写真
醸造作業の様子
ラベル貼り作業の写真
ラベル貼り作業の様子

※「ななつぼし」に込められた思い

ななつぼし葡萄酒工房のロゴ

「ななつぼし葡萄酒工房」の由来となった、ななほしてんとう虫(正式名称:ナナホシテントウ)は、イギリスでは「聖母マリアのおつかい」とされ、日本でも縁起がよい虫とされています。小牧ワイナリー醸造ワインの名前にも「ななつぼし」が使われており、みなさまに幸せを運ぶワインがつくれますようにという願いが込められています。